自動車保険@情報ナビ
自動車保険@情報ナビ

トップページ自動車保険の基礎知識車両保険 【自動車保険@情報ナビ】

自動車保険の基礎知識

自動車保険@情報ナビ

車両保険」とは、契約しているクルマが、偶然の事故によって損害を受けた場合に、修理代などが支払われる保険です。

車両保険保険金額については、契約するクルマの年代・価格・種類など「時価」をもとに決定されるので、50万円の値打ちしかないクルマに、300万円の保険をかけたり、500万円のクルマに100万円の保険をかけようと思っても基本的にそれはできません。

クルマの保険金額は、最新の「時価」データにしたがって決まります。そして、価格や事故率の高いクルマほど、保険料も高くなります。

しかし、カバーする補償範囲免責金額については、自由に設定できるので、保険料の面で調整することができます。

車両保険の対象となる損害は以下の7種類です。

  1. 他車との衝突・追突・接触
  2. 台風・洪水・高潮
  3. 盗難
  4. 落書き・いたずら
  5. 火災・爆発・飛来物
  6. 当て逃げ
  7. 自損事故

車両保険の契約形式(補償範囲)は、大きく分けて3つの種類があり、保険料が高い順に、(1)一般車両保険、(2)エコノミー+A特約車両保険、(3)エコノミー車両保険となります

まず、「一般車両保険」は、設定された7種類の損害すべてを網羅。保険料はその分かなり高くなりますが、自分のミスで起こした単独事故や、当て逃げによる損害もカバーできます。

次に、「エコノミー+A特約」は、一般車両保険の内容から、単独事故と当て逃げを除いていますが、盗難のほか、走行中に前車の跳ね上げた小石で窓ガラスが破損したようなケースでも、保険金が支払われます。保険料は一般車両と比べるとかなり安くなります。

最後に、「エコノミー」は、他車との接触などによる損害だけしかカバーしていません。

車両保険は、自分の運転技術、クルマの価値、周辺の環境など、人によって状況は大きく異なるので、自分にあったカバー範囲や免責金額を設定することが大切です。

※内容については、保険会社によって 異なる場合があります。


トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
お気に入りに追加


【自動車保険@情報ナビ】










無料で使える口座管理ツール

ご案内


【自動車保険@情報ナビ】

プロフィール

りょう@48

  • 福岡
  • 保険代理店勤務

 

私はスローリッチスタイル実践キャンプ に影響を受け皆様に価値ある・役に立つ情報提供を実践しています。