自動車保険@情報ナビ
自動車保険@情報ナビ

トップページ損害賠償の基礎知識民事上の責任 【自動車保険@情報ナビ】

損害賠償の基礎知識

自動車保険@情報ナビ

  1. 民事上の責任は、実際に事故を起こした運転者(運転補助者を含む)にかかります(民法第709条不法行為責任)。
  2. 次にその運転者を雇用していた会社や雇主がいた場合で、その会社や雇主の「業務執行中」の事故であれば、会社や雇主も、使用者責任民法第715条第1項)を負うことになります。
  3. また、自動車の運行による人身事故に限られますが、自動車の保有者も運行供用者として運行供用者責任自賠法第3条)を負わなければなりません。
  4. なお、使用者に代って被用者を具体的に指揮・監督する関係にある者(工場長・営業所長・支店長その他直属の上司など)は、使用者責任とは別個に代理監督者としての責任を負うことがあります(民法第715条第2項)。

【交通事故の賠償義務者(人身事故の場合)】

人身事故(死亡・傷害)の場合の賠償義務者

 運行供用者自賠法第3条) → 車の持ち主や借り主を一般に車の保有者といいますが、事故車を現実に支配していた者を運行供用者といい、責任を負います。

 加害者本人(民法第709条) → マイカー運転者は、同時に運行供用者となります。

 使用者(民法第715条第1項) - 代理監督者(民法第715条第2項) → 従業員が使用者(法人・個人を問わない)の業務に従事中に事故を起こしてとき、使用者責任を負います。

現在、これらの責任を免れることは、事実上ほとんど不可能に近いといってよいでしょう。車を他人に貸した場合に借り受けた人が起こした事故の責任を、車の貸主が負うことはもちろん、家族・友人・使用人等が車を無断で持ち出して起こした事故についても保有者は責任を負わなければなりません。

また近年、停車車両が、交通の流れを阻害し、交通渋滞の要因を形成しているとして問題となり、自動車の保管場所の確保等に関する法律(車庫法といわれています)が改正されてからは違法駐車車両の保有者に対する民事上、刑事上の責任が重くなってきたり、車のキーをつけたまま路上に駐車中、第三者がこの車を盗んで運行中に起こした事故でも、保有者が責任を負うこともあります。

このように賠償責任の範囲が拡大し、賠償金額も高額化してきています。


トラックバックURL
この記事へのトラックバック
1. 事故車について  [ 中古車見積って意外と簡単! ]   2006年12月16日 04:44
事故者買取業者というのがあるのをご存知ですか?処分しようと考えられている方はちょっと待ってください。無料で査定を受けられます。思わぬ高値がつくかもしれませんよ♪
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
お気に入りに追加


【自動車保険@情報ナビ】










無料で使える口座管理ツール

ご案内


【自動車保険@情報ナビ】

プロフィール

りょう@48

  • 福岡
  • 保険代理店勤務

 

私はスローリッチスタイル実践キャンプ に影響を受け皆様に価値ある・役に立つ情報提供を実践しています。