自動車保険@情報ナビ
自動車保険@情報ナビ

トップページ道路交通法の基礎知識歩行者などの保護 【自動車保険@情報ナビ】

道路交通法の基礎知識

自動車保険@情報ナビ

(1)歩行者のそばを通るとき

  1. 歩行者のそばを通るときは、歩行者との間に1m以上あけるか、徐行しなければなりません。自転車のそばを通るときも、同じ注意が必要です。(法18条2項)
  2. 歩行者がいる安全地帯のそばを通るときは、徐行しなければなりません。(法71条3号)
  3. 停留所でとまっている路面電車の後方で停止し、乗り降りする人や道路を横断する人がいなくなるまでまたなければなりません。しかし、乗り降りする人がいないときで路面電車との間に1.5m以上あるときや安全地帯があるときは、徐行して進むことができます。(法31条)
  4. ぬかるみや水たまりのあるところでは、泥や水をはねて他人に迷惑をかけないように徐行するなど注意して通らなければなりません。(法71条1号)
  5. 止まっている車のそばを通るときは、急にドアがあいたり、車の影から人が飛び出したりする場合があるので注意しましょう。

(2)横断中の歩行者の保護など

  1. 横断歩道のない交差点やその近く(直近)を歩行者が横断しているときは、その通行を妨げてはいけません。(法38条の2)
  2. 横断歩道に近づいたときは、横断する人がいないことが明らかな場合のほかは、その手前で停止できるように速度を落として進まなければなりません。また、歩行者が横断しているときや横断しようとしているときは、横断歩道(停止線が引かれているところでは、その線)の手前で一時停止をして歩行者に道をゆずらなければなりません。(法38条1項)
  3. 横断歩道の手前で止まっている車があるときは、そのそばを通って前方に出る前に一時停止をしなければなりません。(法38条2項)

(3)初心運転者などの保護

初心運転者・高齢運転者または仮免許で練習中の者が、初心・高齢運転者標識または仮免許練習標識を表示した普通自動車を運転しているときは、危険を避けるためやむを得ない場合のほか、その車の側方に幅寄せをしたり、その車が必要な車間距離をとれなくなるような方法で前方に割り込んではいけません。(法71条5号の4)


トラックバックURL
この記事へのトラックバック
1. 豊胸の案内 手術 画像 芸能人 疑惑 失敗 なんでもご相談ください  [ 豊胸の案内 手術 画像 芸能人 疑惑 失敗 なんでもご相談ください ]   2006年12月05日 20:48
豊胸の案内 手術 画像 芸能人 疑惑 失敗 なんでもご相談ください
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
お気に入りに追加


【自動車保険@情報ナビ】










無料で使える口座管理ツール

ご案内


【自動車保険@情報ナビ】

プロフィール

りょう@48

  • 福岡
  • 保険代理店勤務

 

私はスローリッチスタイル実践キャンプ に影響を受け皆様に価値ある・役に立つ情報提供を実践しています。