自動車保険@情報ナビ
自動車保険@情報ナビ

トップページ自動車事故と企業責任運行供用者と運転者とは必ずしも一致しない 【自動車保険@情報ナビ】

自動車事故と企業責任

自動車保険@情報ナビ

  • 運行供用者とは現実に必ずしも自動車を運転する人と一致しません。たとえば運送会社を例にとると、その会社のトラックを運転する従業員の運転手は運行供用者ではありません。運転手は会社に雇われ直接的には会社のために働いているのであって、自動車の運行についての支配権も、運行によって上がる利益も直接自分のものにならないからです。そこでこの場合、運行供用者に当たる者は運送会社ということになります。また、父親の所有者を息子が運転した場合、父親が運行供用者となることもあります。しかし、個人が自分のマイカーを自分で運転する場合は、通常、個人本人が運転手であり運行供用者でもあることはいうまでもありません。
  • 自賠法では、このような運行供用者がその運行によって他人を死傷させる自己を起こしたとき、被害者に対して損害賠償の責任を負うことを定めています。

トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
お気に入りに追加


【自動車保険@情報ナビ】










無料で使える口座管理ツール

ご案内


【自動車保険@情報ナビ】

プロフィール

りょう@48

  • 福岡
  • 保険代理店勤務

 

私はスローリッチスタイル実践キャンプ に影響を受け皆様に価値ある・役に立つ情報提供を実践しています。